四季を愉しむ家 | グランリンク平屋ミサワホーム

春の桜、夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色、光と風・・・ 自然が彩るリンクテラスのある暮らしと、癒しのボタニカルスタイル

ミサワホームの家づくり⑤契約後打合せ【太陽光発電・屋根・外壁・軒天】

投稿日:2019年7月20日 更新日:

令和元年7月20日現在、私たちの家づくりは無事建て方を終え7日後に上棟立会いを控えております。

記事の内容が工事の進捗と前後していますが、ここからは3月まで遡って、私たちの家「グランリンク平屋」の完成した間取りを基に進められた、各項目毎の更に詳しい打合せの内容を順に紹介していきますね。

さて、この間取り確定後の打合せより担当のミサワ先生の他に、私たちの家づくりの心強いサポーターとして設計士さんがお一人ついてくださいました。

設計士:風教授
はじめまして設計士の○○と申します

お若くて色白、誠実を絵に描いたような男性設計士さん。
私たち夫婦の間での愛称は『風教授』

ミサワ先生と並んで風教授とも末永いお付き合いがはじまります。

あいす
風教授、よろしくお願いいたします

というわけで、更にパワーアップしたミサワホームの家づくりの打合せは、STEP①~STEP⑤に分けながら進められました。

打合せ確認項目 STEP①-1【建物性能・外部仕上】

外観イメージづくり(プチリゾート)

私たちの家づくりでは「土地の環境に寄り添いながら、四季の移ろいを愉しむ暮らし」をテーマとして、建物の外観やデザインについても「緑豊かな景観の一部として森と自然にとけこむプチリゾート(避暑地)」のようなイメージを膨らませてきました。

あいす
イメージだけは素敵よね 笑

太陽光発電PVシステム搭載 ecoハウス

太陽光発電については、これまで必死に勉強してきた夫の切望により採用を決めました。

太陽光発電システム(PV)

この太陽光発電とは、太陽から発生される光を太陽光パネルで受け止めて、家庭で使用できる電気に変換して供給するシステムで、別名「PV」と呼ばれ、光起電柱「Photovoltaic(フォトボルタイク)」という意味を持つそうです。

我が家の太陽光発電システムPVは屋根に 「京セラ太陽光パネル5.888kw」 を搭載します。

屋根の形状(切妻屋根)

当初、屋根の形状は 「片流れ屋根」 の予定でしたが、建物の間取り・配置・雪対策・PV搭載・予算などから総合的に判断して 「切妻屋根」 とし、片側のみ(南東)に向けて太陽光パネルを載せることにしました。

*ちなみに 「切妻屋根」 は、下の画像のような日本の伝統的な三角形の屋根の形状で「片流れ屋根」と比較すると費用を抑えられるそうですよ。


あいす
切妻屋根は山小屋ログハウスのようなイメージで、土地(風の丘)の景観と平屋にもマッチしていて私たちも気に入りました。

屋根材(ファイバーグラスシングル リッジウェイ)

屋根材は、風教授とミサワ先生のイチオシ 「ファイバーグラスシングル リッジウェイ」 に、性能・デザイン共に一目惚れしてしまい採用を決めました。

ファイバーグラスシングル リッジウェイ

 
このリッジウェイは、アスファルト基材とファイバーグラスマットで構成されており、防水性・耐風性・耐衝撃性能に優れ、独特の2層構造とランダムな粒状彩色石のグラデーションカラーが美しい屋根材です。

この屋根材を選ぶ際、サンプルを持ってショールームの外へ出て、太陽光の下でどんな風に見えるかをじっくり確認させてもらったのですが、これがとても参考になりました。

ミサワ先生
屋根材や外壁材は、自然光の下で選ぶのがおすすめです。
設計士:風教授
室内の照明の下では、まったく違って見えますからね。
あいす
なるほど!太陽光の下で見る、この状態が実際に家の外観となるわけですものね。
ファイバーグラスシングル リッジウェイ

ファイバーグラスシングル リッジウェイ

カラーは外壁と、太陽光パネルとのバランスを考慮してデュアルブラックを選びました。

あいす
キラキラしていてとても綺麗な屋根材が選べました。

外壁(クラスティング安宅 (あたけ) )

前途しましたが、私たちの土地(風の丘)に出会った当初より、家づくりには、緑豊かな景観の一部として森や自然にとけこむリゾート避暑地のようなイメージを膨らませていましたので、家の外観(外壁)は大地や樹木に馴染むブラウン系にしたいと考えていました。

屋根材と同様に、外壁材のサンプルを外の自然光の下へ移動しました。

外壁材サンプル

外壁材サンプル

性能・デザイン・予算を加味してこの6つが候補に挙がりましたが、最終的に一番左のサイディング 材「クラスティング安宅(あたけ)」を採用しました。

クラスティング安宅

クラスティング安宅

この「クラスティング安宅(あたけ)」は、焼き物の窯変のような石ごとの表情の違い、土の質感が特徴的な細割タイル柄です。
名称の「安宅(あたけ)」は随所にちりばめた斜め柄が歌川広重の描く雨の線を思わせることから。
名所江戸百選「大はしあたけの夕立」より。

この物語性がまた素敵ではありませんか?

あいす
しっとり雨にぬれたような艶がとても綺麗

カラーは、風の丘の森に溶け込む深いブラウンにしました。

ミサワ先生もおっしゃっていましたが、現在は外壁のツートンカラーなどはトレンドではないようです。

ミサワ先生
外壁はワンカラーで統一した方がシックでいいですよ。

とのアドバイスをいただき、私たちも全てこのブラウンでまとめることにしました。

軒天材(木目リブLa)

我が家は、リビングと庭との間に深い軒下の大空間(リンクテラス)があり、このリンクテラスの軒天がバッチリと視界に入ってくることになります。

玄関ポーチや軒の出もそうですが、やはり内と外とを大きく繋ぐリンクテラスを生かすため、庭の緑にとけこむような木目リブを選びました。

軒天材 木目リブLa

軒天材 木目リブLa

カラーはライトブラウンです。

森にとけこむプチリゾートな外観

間取り確定後の打合せは、なかなか良いスタートが切れたのではないでしょうか。

「森にとけこむプチリゾートな外観」イメージに近づいてきました。

次回も、各項目ごとの打合せについてを引き続きご紹介していきますね。

本日も、最後までご覧くださりありがとうございました。


ランキングに参加しています。
ご訪問のしるしにクリックいただけると嬉しいです。
↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


*素敵な平屋がいっぱい*

平屋住宅ランキング

*おすすめ関連記事はこちら

ミサワホームの家づくり ⑤契約後打合せ【間取りの確定】

無事に着工立会(地鎮祭)を執り行い、先行地盤改良工事を終え基礎工事へと進んでおります あいす家です。 いよいよ動き出しました私たちの家づくりの経過報告と併せて、先日ご紹介した記事「感動!ミサワホームの ...

続きを見る

高台の土地『風の丘』のロケーション紹介

私たちが購入した高台の土地(通称:風の丘)のロケーションを紹介します。 ※関連記事 高台の土地のロケーション 1月の土地探しでめぐり会えた高台の土地は、新潟県の中越地区、日本海に面したK市に位置してお ...

続きを見る




※当サイトでは初心者にも簡単WordPressテーマAFFINGER5EX版を使用しています。

とにかく下の動画がすごい!!スマートホンでは画面を横にしてご覧くださいね!
※当サイトでは人気実力No.1エックスサーバーを使用しています。

 

  • この記事を書いた人

風の丘のあいす

一条工務店を解約してミサワホームを選んだ40代夫婦の家づくりの物語。 自然が彩るリンクテラスのある暮らしと、癒しのボタニカルスタイルを紹介します。

-, 家づくり, ミサワホーム
-, , , , , , ,

Copyright© 四季を愉しむ家 | グランリンク平屋ミサワホーム , 2019 All Rights Reserved.