風の丘のあいす

一条工務店を解約してミサワホームを選んだ40代夫婦の家づくりの物語。 新潟の豊かな四季が彩るリンクテラスのある暮らしを紹介します。

2022/7/14

釣行 | キス釣り「楽園サーフでプルルルル♪」

1年ぶりのジャリメちゃんに奮闘し、ようやく漕ぎ着けた一投目に胸が高鳴ります。 サーフからのキス釣りでは、砂底(海底)にいるキスにアピールするため、仕掛けが砂底を少しずつ這うようにゆっくりゆっくりリールを巻くのが定番。 まだキス釣りをはじめたばかりの頃にサーフで出会った、キス釣り名人のおじいちゃから教わった話では、通常は4秒ほどの時間を掛けてリールを一回巻き取る感覚で、潮や風の状況に合わせて巻きを早めてみるのも効果的らしく、私はこのおじいちゃんからキス釣りのあれこれを聞かせてもらいながら少しずつ釣果を上げて ...

2022/7/13

釣行 | キス釣り「初心者主婦のジャリメちゃん奮闘記」

仕舞ってあったルアーロッドの出番が来ました。先月より始まったキス釣りの1投目に胸が高まります。 と、その前に、大事な仕掛けの準備を忘れてはいけないんだった。 キス釣りといえば虫餌。 虫餌といえばキスにはこれ。 そう「ジャリメ」です。 今年で3年目とはいえ、キス釣りを含めまだまだ海釣り初心者の私は、この「ジャリメ」がどうしても好きになれません。 あの、いで立ち。あの、感触。あの、動き。 うわ~やっぱりダメだぁ。 そんなジャリメを仕掛け針にうまく付けるということが、私にとってはてんやわんやの一大事。 けれど、 ...

2022/7/9

釣行 | 海沿いに移住した私たちの潮騒ラーメン

豪雪地の山沿いから海沿いへ移住して間もなく3年になる私たちは、日々海沿い暮らしの新しい発見と感動をもらいながら、夫婦で海釣りも楽しめるようになりました。 今シーズンは春の陽気が安定せずなかなか気温が上がらなかったせいか、例年に比べて魚全般の回遊がひと月ほども遅いように感じます。 そのお蔭で、夏至を過ぎても大型のアジが釣れる日が続き、私たちも思う存分サーフのアジ釣りを楽しめた訳ですが、アジの活性が高まる日没前後のサーフの絶景は言葉になりません。 まるでその瞬間を独り占めしているかのような、刻一刻と色を変え日 ...

2022/7/2

釣行 | スローな夜ランタン灯して夏至のアジ釣り

今年は念願の尺アジ(30センチ以上の鯵)を自分の手で釣り上げて以来、夫婦で尺アジ釣りに魅了されサーフへ足繁く通っていました。 いつものサーフではお目当てのアジが終盤に近付いてきたこともあって、少し北上し場所を変えてみると、予想した通りやはりアジも北上していることを知り、シーズンも終わりといわれる夏至に尺アジが釣れるなんて思ってもみなかった私たちに、アジ釣りのポイントがまたひとつ増えたというもの。 たまにはキャンプ気分を味わいたくて、先日はランタンを灯しながらサーフでスローな夜のアジ釣りを楽しみました。 そ ...

2022/6/7

終わっちゃったね。夫婦でハマった「ホタルイカ掬い」

3月にデビューした私たち夫婦の「ホタルイカ掬い」も、先日ラストシーズンといわれる5月下旬の新月を最後に、今季4回目の最終釣行を終えました。 マイナス4℃の極寒の3月からは想像もできないほどの温かな気候となり、深夜から朝方にかけての釣行とはいえ、グッと過ごしやすくなりました。 2回目の3月下旬の釣行では、寒さも吹っ飛ぶ「プチ湧き」が訪れ。 ホタルイカ掬い 2022.3.29 3回目の4月上旬には、初心者の私たちを感動させる「群れ」が海底から湧き上がり、クーラーボックスを満たしてくれました。 さらにこの時は、 ...

2022/6/2

「お邪魔します」ヤモリが遊びにやって来た

玄関を開けると赤ちゃん家守やもりが待っていた。 「こんばんは」 「あら~ヤモちゃんお久しぶりね!さぁ入ってゆっくりして行って」 とまでは言ったつもりはなかったが、一年ぶりの可愛いヤモちゃんのお出ましについ油断してしまった。 玄関の敷居を超えて上がり框をチョロチョロと登りながら「お邪魔します」と我が家へ遊びに来たヤモちゃん。 我が家の守り神「家守」2022.6.2 5cmほどのベイビーヤモちゃん可愛すぎるって。 で、でもさ、間違って踏んづけちゃうといけないからさ、そろそろお家に帰ろうね。てか、あなたのお家っ ...

2022/5/31

「尺アジ釣りたくて」初心者主婦がひとりでサーフにやって来た!

達成できずにいた念願の「尺アジ釣り」。 ついに私たち夫婦に、その時が訪れました。 釣りの師匠(弟)からもらった「尺アジがよく釣れているというサーフの情報」をもとに、このチャンスを逃すまいと夫と共に朝方3時に現地へ。 サーフに到着し竿を投げると直ぐさまHIT。 夫はもとより私まで入れ食い状態に。 全長30センチ以上の「尺アジ」というものを、はじめて自分の手で釣り上げることができたのです。 それがまぁ嬉しくて、楽しくて。クセになってしまった! あの尺アジの興奮が忘れられず、先日はなんと私ひとりでサーフへ出陣し ...

2022/5/29

やった~初収穫!幻のいちご「越後姫」今年は人工授粉なし

樹上で充分に完熟するまで収穫したい気持ちをグッとこらえて我慢の毎日。 これが結構もどかしいのですが、完熟した越後姫の味を想像しながら待つのも楽しいものです。 春が来るのが遅かった今年は、我が家の「越後姫」の開花も昨年より2週間ほど後だったのですが、ここのところグッと気温も上がってきたお蔭で、一番果が日毎に赤味を帯びてきました。 今回の苗は、購入時は株が小さめでちょっぴり不安もあったのですが、購入先の「苺の花ことば」さんのおっしゃる通り、その後は立派な大株に成長してくれました。 そして今朝、ついに初収穫。 ...

2022/5/14

義母と行く山菜採り「生命力あふれる越後妻有の春山」

一年の約1/3の時間を数メートルの積雪に覆われる豪雪地では、冬眠から目覚めた生き物たちが一斉に動き出す雪解けの春、すべてが生き生きと躍動しはじめる。 「春の山は生命力に満ち溢れている。春山のエネルギーが凝縮された山菜を感謝して頂け。」そう聞かされて育った私は山菜が好きで、子供の頃から父母・叔父伯母と共に出掛ける春の山菜採りも毎年楽しみでした。 ここ最近は、なかなか出掛けることができなかった春の山菜採りでしたが、今年は数年ぶりに実現することができました。 今回は、峠に暮らす義母に案内してもらいながらの豪雪地 ...

2022/5/7

庭のグランドカバー「クリーピングタイム」満開ピンクのカーペット

30cmのマット苗ひとつ分をポツポツと植え付けた庭の「クリーピングタイム」が、この2年で順調に増えてグランドカバーらしくなってきました。 クリーピングタイム 2022.5.7 先月頃より少しずつ花をつけはじめ、ちょうどピンクのカーペットのように咲き揃っています。 よくみると、小さな花が集まって手毬のような丸い形が可愛らしく、ほのかなハーブの香りにも癒されるんです。 クリーピングタイム 2022.5.7 お手入れの必要もなく植えっ放しでよく広がってくれるのですが、いつの間にか玄関アプローチのブロックの上にま ...

2022/5/5

ファイルのアップロード無効から復帰しました

突然ファイルのアップロードができなくなってしまい、この二カ月間ブログを投稿する気力が低下していました。 同時に、スマホからパソコンへの画像の送受信が今まで通りに上手くいかなくなってしまった。 いったい何がどうなっちゃったんだろう? 長い冬が終わり、ようやく春が訪れたというのにモヤモヤしていましたが‥‥。 試行錯誤の末、どうにかファイルをアップロードできるようになりましたので、また少しずつ投稿していきますね。 ※因みに投稿記事に画像を1枚アップするために、ややこしいステップを踏んでます(;'∀') そんな訳 ...

2022/3/6

ホタルイカ掬い「新月大潮の可愛い赤ちゃんイカ 2022.3.3新潟」

春の風物詩ホタルイカがシーズンを迎え「ホタルイカ掬すくい」に初挑戦しました。 「ホタルイカ」といえば、この辺りでは富山湾が産地ですが、県境である新潟県の一部まで富山湾がくい込んでいることから、ここ新潟でも3月~5月頃にかけて「ホタルイカ掬い」ができるというので、私たちも出掛けてみました。 場所は、新潟県糸魚川市の有名スポット。 到着すると、すでに二組の先客がいらっしゃったので、お声を掛けてお隣に入れさせてもらいました。 釣りでもそうですが、先客には必ずひと声かけて、空いたスペースにお邪魔させてもらうのが大 ...

2022/2/24

夫の冬の得意ネタ「歩夢君のトリプルコーク1440」

ワクチンの副反応による高熱も3日目にはほぼ平熱まで下がり、関節の痛みを除いては元気を取り戻した夫は、3連休の最終日に降り積もった家周りの除雪作業ができるまでに回復していた。 「また熱が上がると悪いから無理しないでよ!」 心配する私を他所に、夫は手際よく除雪を済ませると、窓から覗き込む私に何かアピールしはじめた。 スノーダンプに乗っかって何やらポーズを決めている。 あ、もしかして‥‥。 歩夢君の、つもりか‥‥。 やっぱりそうだった。 北京五輪で歩夢君が決めた、あの「トリプルコーク1440」。 夫のトリプルコ ...

2022/2/19

【ワクチン接種】夫の3回目「39.5℃の発熱でグッタリ」

職場で3回目のワクチン接種を終えた夫が「ちょっとフラフラする」と、定時キッチリに仕事を切り上げて早々に帰宅した。 これは、2回目の時と同様に布団に直行のパターンだな‥‥と思いきや、雪がちらつく中スノーダンプを手にすぐさま自宅前の除雪作業に取り掛かった。 夫の除雪作業 2022.2.17 この日は前日の夜から30センチほどの降雪があって、再び一面真っ白になっていた。 雪 2022.2.17 春はまだ先だ。 我が家 2022.2.17 最低限、夫のカーポート前を塞いだ雪だけはと私が日中に除雪しておいたのだが、 ...

2022/2/18

二月のリンクテラス「桜の木に降り積もる雪」

庭の桜の木に、まるで白い花が咲いているかの様にみえて見惚れてしまう。 昨日も、朝からテラスの雪景色に癒されて一日がはじまった。 リンクテラス 2022.2.17 仲良く並んだ冬の夫婦桜も、ここ風の丘のシンボルツリーにふさわしい凛とした力強い存在感がある。 シンボルツリー桜 2022.2.17 昼過ぎ、太陽に照らされて反射する雪が眩しいほどに白さを増して、また違った表情をみせてくれた。 リンクテラス 2022.2.17 リビングから眺める、こんなリンクテラスの雪景色も好きです。 リンクテラス 2022.2. ...

© 2022 四季を愉しむ家 | グランリンク平屋ミサワホーム