四季を愉しむ家 | グランリンク平屋ミサワホーム

春の桜、夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色、光と風・・・ 自然が彩るリンクテラスのある暮らしと、癒しのボタニカルスタイル

ミサワホームの家づくり⑤契約後打合せ【玄関・サッシ・建具】

投稿日:

今回は、打合せ確認項目STEP①-1の続きをご紹介しますね。

打合せ確認項目 STEP①-2【玄関・サッシ・外部建具・内部建具】

玄関ドア(YKKap 断熱スライディングドア コンコード)

我が家の扉はできる限り引戸を採用しているのですが、私の強い希望で玄関ドアも引戸を選びました。

実は、引戸の玄関扉ってバリエーションが少なくて素敵なものがなかなかないんですけれど、私たちが出会った「YKKap断熱スライディングドア コンコード」は、夫婦揃って一目惚れしてしまい、しかも理想通りの片引戸タイプということで即決しました。

YKKapコンコード マキアートパイン

*YKKapカタログより出典  断熱スライディングドア コンコードB07 マキアートパイン

 

YKKap断熱スライディングドア コンコード

 

この玄関ドアは、私たちが家づくりについての様々な予習をしている中で訪れていた、住宅建材メーカー DAIKEN (大建工業) のショールームにて、コラボレーション企業として隣接していたYKKapショールームで実際に触れて確認する事ができた商品で、品質デザイン共にすばらしく、とても素敵な玄関ドアです。

我が家の玄関は南向きなので、できる限り南の明るい採光を生かすために袖付きタイプを選んで更に袖部はガラス入にしました。

あいす
カラーは新色のマキアートパインに夫婦合意でこちらも即決。

カラーやデザイン・便利で優秀なオプションも豊富で、とても良い商品に出会えたと思いますし、私たちにとっては少々予算オーバーとなってしまいましたが『玄関は家の顔』ですので、気に入ったものを永く愛用したいと思います。

ミサワホームでも取り揃えられている玄関ドアを採用できずに、ちょっぴり気が引けてしまうかしら・・・とも感じられますが。

あいす
担当のお二人とも快く受け入れてくださり、他社メーカーの商品を柔軟に採り入れられるところもミサワホームの良さだと思います。

玄関タイル(イタリア発 リビエラタイル エタニティ アイボリー)

玄関と玄関ポーチのタイルは、風教授とミサワ先生のおすすめ「リビエラタイル」シリーズから「エタニティ」を採用しました。

リビエラタイル

*リビエラタイルカタログより出典

このリビエラタイルはイタリアから輸入した高品質なタイルで、長い歴史の中で磨かれた本場ヨーロッパのクオリティを備えた商品。
太古エジプトで作られたタイルは、生産地の歴史を色濃く反映しながら世界中に広まり、現在では無限に広がるバリエーションが存在します。
特にイタリアでは、芸術に対する深い造詣と才能あるデザイナーを優遇する風土があり、産業革命のころから品質とデザイン重視のタイル生産が行われています。

ミサワホームのショールームには、このリビエラタイルのサンプルが揃っているのですが、すべてが本当に美しくてまさに芸術品といえるタイルです。

私たちは、表面の質感も併せて実際に手で触れたり光の反射具合をみながらじっくり確かめさせてもらいましたが、明るくやわらかな色の雰囲気と汚れの拭き取りやすさなどを重視して、白に近いベージュ系の「アイボリー」を採用しました。

リビエラタイル

*リビエラタイルカタログより出典

あいす
明るくやわらかな玄関になりそうです。

外部建具 サッシ(アルミ樹脂複合サッシ「AZサッシ」)

サッシはミサワホームのアルミ樹脂複合サッシ「AZサッシ」を採用しました。

このAZサッシはミサワホームとLIXILの共同開発品で、最高クラスの断熱性能に加え、サッシのフレームを極限まで細くスリム化することで、ミサワホームのデザインポリシーであるシンプルさをより一層追求し、採光性デザイン性を向上させたZEHの基準をクリアしたアルミ樹脂複合サッシです。
この性能とデザイン性に加え、さらに窓ハンドルやロック、引手の形状などのデザイン性と操作性へのこだわりなどが評価されて2016年度のグッドデザイン賞を受賞しています。

「AZサッシ」は、室内側にM-Woodというミサワホームが自社で使う木材(パネル)の廃材などを利用して作られているリサイクル素材(樹脂)を使用し、屋外側にアルミを使用しています。

「AZサッシ」外部(屋外側)のカラーバリエーションは下の画像にある「シルクホワイト」「リーセントシルバー」「ラスティブラウン」の3色で、サッシごとに別々のカラーを選ぶこともできるそうです。

ミサワホーム アルミ樹脂複合サッシ「AZサッシ」

*MISAWAカタログより出典 アルミ樹脂複合サッシ「AZサッシ」

あいす
自由度が高いですよね!

ただ、私たちは全てのサッシを同一色で統一しました。

あいす
外部カラーは「ラスティブラウン」です。

つづいて「AZサッシ」内部(室内側)のカラーバリエーションは下の画像にある「チェリー」「ウォールナット」「ヒノキ」「クリーミーホワイト」と更に幅広い4色で、こちらもサッシごとに別々のカラーを選ぶことができるそうですが、私たちは外部(屋外側)と同じく全て同一色で統一しました。

*MISAWAカタログより出典 アルミ樹脂複合サッシ「AZサッシ」

*MISAWAカタログより出典 アルミ樹脂複合サッシ「AZサッシ」

あいす
内部カラーは「チェリー」です。

あいす
ただし、トイレ室の内部カラーのみ「クリーミーホワイト」にしましたよ。

これは、トイレ室のサッシが入る壁面に是非アクセントクロスを入れたいということと、トイレメーカーの備品小物の色合いとのバランスをとるためです。

外部建具 ガラス(Low-E複層ガラス)

ガラスは「Low-E複層ガラス」を採用しました。

ミサワホーム Low-Eガラス

*MISAWA HPより出典 Low-Eガラス

この「Low-Eガラス」は、建設地域に合わせて「Low-E3層複層ガラス(トリプルガラス)」と「Low-E複層ガラス(ペアガラス)」の2タイプから選べるそうですが

設計士:風教授
ここ新潟県では「Low-E複層ガラス(ペアガラス)」で充分な性能を保てますから「Low-E3層複層ガラス(トリプルガラス)」にする必要はありませんよ。

とのことでしたので、我が家は「Low-E複層ガラス(ペアガラス)」を採用しました。

サッシ開口

ミサワホームのサッシ開口はバリエーションがたいへん多く、天井高も迫力があります。

最高天井高は2,400まで可能なので

あいす
開放感が半端じゃありません。

我が家は、リビングダイニングから庭につながるリンクテラス側に幅2,640の大開口の引違を、南には天井高2400の引違を採用しました。

見晴らしの北側に配置した浴室には、浴槽から外の景観を楽しめるように、湯船につかった目線の高さ(床から600)に幅1,509のサッシ(クリア)を配置しました。

あいす
お風呂タイムが楽しみです。

全体的にサッシ(窓)が多い家になりました。

内部建具(引戸)

前途しましたが、我が家のほとんどの扉は引戸を採用しました。

これは、どうしても「ドア」の使い勝手が好きになれない私の強い希望からなのですが、実はミサワホームに御縁した当初に参加した、住宅完成見学会などで実感したミサワホームの引戸のすばらしさにもありました。

その引戸がこちら。

ミサワホーム 引戸

*MISAWAカタログより出典  引戸G3スタイル

ミサワホーム 引手

*MISAWAカタログより出典  引手H1スタイル

一般的な引戸はたいてい下の画像のような引手があって、その部分に手をかけなければ戸を引くことはできませんよね!

けれど、ミサワホームの引戸(G3スタイル)は引手がなく、上から下まで溝を入れることでそのどこに手をかけても戸を引くことができるようになっているんです!

だから身長の小さな子供でも、誰でも好きなところでラクに戸を引けてしまう。

あいす
これって、すばらしくないですか!?

そしてデザインもスッキリとしていて綺麗。

あいす
この感動の引戸!我が家は採用しました。

カラーバリエーションは先ほどご紹介した「AZサッシ」と同じく「チェリー」「ウォールナット」「ヒノキ」「クリーミーホワイト」の計4色で、「AZサッシ」の内部の色と統一して

あいす
引戸のカラーも「チェリー」にしました。

そして、デザインは下の画像の計18パターンから選ぶことができます。

ミサワホーム 洋建具

*MISAWAカタログより出典  洋建具

玄関ホールからつながるリビングの入口のみを採光のため「框ガラス戸カスミガラス」にしましたが、その他の引戸はすべて「フラット戸」を採用しました。

内部建具(ドア)

間取りの関係で、トイレと洋間1室はMISAWAオリジナルのドアを採用しました。

ミサワホーム 洋建具

*MISAWAカタログより出典 洋建具

ドアについてのカラーバリエーションとデザインは、引戸と同じラインナップから選ぶことができますが、カラーは「チェリー」デザインは「フラット戸」(*トイレは「フラット戸明り窓ロック付」)を採用して引戸と統一することにしました。

そして、ドアのレバーハンドルはMISAWAオリジナル「プッシュ・プルハンドル」を採用しました。

MISAWA プッシュプルハンドル

*MISAWAカタログより出典  プッシュ・プルハンドル

あいす
実は、この「プッシュ・プルハンドル」が引戸につづく優れものなのです!

上の画像の赤い矢印のハンドルなのですが、荷物や子供を抱えて両手が使えないときでも、肘や背中やメタボなお腹(笑)で軽~くハンドルの一部に触れるだけでドアを開けることができるんです!

これは、引手がない感動の引戸と共に、見学会にてこちらのプッシュ・プルハンドルも体験済みだったので、その使い勝手の良さはお墨付きなのです。

すべての扉を引戸にできなかったのは、少しばかり残念なのですが

あいす
このプッシュ・プルハンドルの感動を毎日味わえると思うとなんだか楽しみです~

ミサワホーム(MISAWA)のクオリティ

引手がないシンプルな美しい引戸。

触れるだけで開けられるプッシュ・プルハンドルのドア。

グッドデザイン賞受賞、最高クラスのアルミ樹脂複合サッシ「AZサッシ」

あいす
MISAWAの建具や部材はクオリティが高く本当によくできています。

契約後打合せも楽しくはかどります。

どんどん進めていきましょう。

本日も、最後までご覧くださりありがとうございました。


ランキングに参加しています。
ご訪問のしるしにクリックいただけると嬉しいです。
↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

*おすすめ関連記事はこちら

ミサワホームの家づくり ⑤契約後打合せ【間取りの確定】

無事に着工立会(地鎮祭)を執り行い、先行地盤改良工事を終え基礎工事へと進んでおります あいす家です。 いよいよ動き出しました私たちの家づくりの経過報告と併せて、先日ご紹介した記事「感動!ミサワホームの ...

続きを見る

ミサワホームの家づくり⑤契約後打合せ【太陽光発電・屋根・外壁・軒天】

令和元年7月20日現在、私たちの家づくりは無事建て方を終え7日後に上棟立会いを控えております。 記事の内容が工事の進捗と前後していますが、ここからは3月まで遡って、私たちの家「グランリンク平屋」の完成 ...

続きを見る

 

 

 

 






  • この記事を書いた人

風の丘のあいす

一条工務店を解約してミサワホームを選んだ40代夫婦の家づくりの物語。 自然が彩るリンクテラスのある暮らしと、癒しのボタニカルスタイルを紹介します。

-, 家づくり, ミサワホーム
-, , , , , , , , ,

Copyright© 四季を愉しむ家 | グランリンク平屋ミサワホーム , 2019 All Rights Reserved.