カニの直売所

カニ好きの買い出し!年末の鮮魚センターで時鮭(トキシラズ)と出会う

年越しの腹いっぱいの蟹を励みに、今年も一年踏ん張ってきた夫。
大晦日の明日も朝から仕事が入っているから、今日を逃すと買い出しのチャンスはない。

わずかな小遣いをコツコツ貯めていた、無類の蟹好きの夫の買い出しに、今日は私も付き合った。

行先は、新潟県糸魚川市能生のうの鮮魚センター「マリンドリーム能生のう

冬の日本海に沿って南下。
年末だけれど、やっぱり今年は交通量が少ない。

能生へ 2020.12.30

能生へ 2020.12.30

それでも現地に到着すると、年末年始の買い物客で賑わっていた。

マリンドーム能生 鮮魚センター 2020.12.30

マリンドリーム能生 鮮魚センター 2020.12.30

なかでも、隣接する「かにや横丁」は、地元の漁師さんが出店する日本海側最大規模のカニの直売所で、お目当ての店に急ぐとすでにこんなに並んでいた。

マリンドーム能生 かにや横丁 2020.12.30

マリンドリーム能生 かにや横丁 2020.12.30

各直売所は、漁船の名前がそのまま店名になっていて、その漁師の奥さんたちがお店に立っているんだそう。

私たちも列に並んで、夫の一押しの店「漁盛丸りょうせいまる」さんで地元日本海産のベニズワイガニ3杯を無事購入した。

しかも、お母さんがもう1杯おまけしてくれた。

このおまけも毎年夫の楽しみらしい。

漁盛丸 紅ズワイガニ 2020.12.30

漁盛丸 紅ズワイガニ 2020.12.30

夫曰く、今年は並んでいるカニの数が少ないとかで、漁獲がよくなかったのかもしれないとのこと。例年は、おまけの数ももっと多いんだそうだ。

何にせよ、夫の嬉しそうな顔をみてほっとした。

鮮魚をみてまわるのは楽しい。

お父さんが店先でマグロを解体している。

能生 鮮魚センター 2020.12.30

マリンドリーム能生 鮮魚センター 2020.12.30

能生の名産ゲンギョ干し、メギス干しははじめて見た。
そういえば、我が家でも夏に釣ったキスを一夜干しにしたら美味だったからね。

能生 鮮魚センター 2020.12.30

マリンドリーム能生 鮮魚センター 2020.12.30

佐渡の寒ブリステーキか~。よだれが出てくる。

能生 鮮魚センター 2020.12.30

マリンドリーム能生 鮮魚センター 2020.12.30

オホーツクの新巻鮭もデカい。
へぇ~。雄(オス)が旨いんだ。

能生 鮮魚センター 2020.12.30

マリンドリーム能生 鮮魚センター 2020.12.30

鮭をみていたら威勢のいいオジちゃんが『時鮭ときしらずが一番うまいよ!』と声を掛けてきた。

え?!トキシラズ?
実は、初めて耳にした「時鮭ときしらず

すると、オジちゃんが教えてくれた。

これが感動だった!

なんでも、この「時鮭」というサケは、もともとロシア生まれなんだけど、回遊の途中に北海道の沿岸で春5月~6月頃の期間限定で漁獲されたもので、一般的な秋に獲られるサケと違ってとても貴重なんだそう。時をまちがえた鮭、ということから時知らず(ときしらず)。
春の時鮭は産卵の準備が整っておらず卵や白子を抱えていない分、脂や栄養分が身のほうにたっぷりのっているから最高に旨く、ハラミにまで旨みと脂がのっているんだとか。

『この「時鮭」を食べると他のサケは食べられないよ!』とのこと。

時鮭 ときしらず 2020.12.30

時鮭ときしらず 2020.12.30

こんなサケにははじめて出会った。

これは是非一度食べてみたい。

1本の鮭を半身に開いて、さらに食べやすく切り身にしてある。
しかも真空パックだから、すぐに食べきれない分はジッパー袋に密封して2~3ヵ月は冷凍保存が可能だそう。

オジちゃんの絶妙なトークに負けた。

ちょうど1本から開かれた半身同士が、それぞれパックされてペアで並んでいたのも縁起がいい。

半身は自宅用に。
もう半身は、夫の両親への年始にしよう。

いい買い出しができた。

糸魚川 2020.12.30

糸魚川 2020.12.30

帰路は、日本海の波も高くなっていた。
年末年始の寒波が新潟にも近づいている。

風の丘の我が家も、いよいよ雪が舞いはじめた。

 

スポンサーリンク




ランキングに参加しています
ご訪問のしるしにクリックいただけると嬉しいです
↓ ↓
*シンプルイズベスト*
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ

*ふるさと新潟*

*若者にもブーム平屋*
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ

 

四季を愉しむ家 | グランリンク平屋ミサワホーム - にほんブログ村

*おすすめ関連記事

冬至はアレ!変態さんは〇〇食べてね

続きを見る

冬の散歩道「ぶらり漁港でメギスデビュー」

続きを見る

大祓人形
心と体の大掃除「大祓」で穢れをリセットして新春を目出度く迎えよう

続きを見る

*ブログ収益はこちら

*わが家が家づくりでお世話になった記事一覧

  • この記事を書いた人

風の丘のあいす

一条工務店を解約してミサワホームを選んだ40代夫婦の家づくりの物語。 新潟の豊かな自然が彩るリンクテラスのある暮らしを紹介します。

-, ブログ
-,

© 2021 四季を愉しむ家 | グランリンク平屋ミサワホーム