2022/6/7

終わっちゃったね。夫婦でハマった「ホタルイカ掬い」

3月にデビューした私たち夫婦の「ホタルイカ掬い」も、先日ラストシーズンといわれる5月下旬の新月を最後に、今季4回目の最終釣行を終えました。 マイナス4℃の極寒の3月からは想像もできないほどの温かな気候となり、深夜から朝方にかけての釣行とはいえ、グッと過ごしやすくなりました。 2回目の3月下旬の釣行では、寒さも吹っ飛ぶ「プチ湧き」が訪れ。 ホタルイカ掬い 2022.3.29 3回目の4月上旬には、初心者の私たちを感動させる「群れ」が海底から湧き上がり、クーラーボックスを満たしてくれました。 さらにこの時は、 ...

2022/6/2

「お邪魔します」ヤモリが遊びにやって来た

玄関を開けると赤ちゃん家守やもりが待っていた。 「こんばんは」 「あら~ヤモちゃんお久しぶりね!さぁ入ってゆっくりして行って」 とまでは言ったつもりはなかったが、一年ぶりの可愛いヤモちゃんのお出ましについ油断してしまった。 玄関の敷居を超えて上がり框をチョロチョロと登りながら「お邪魔します」と我が家へ遊びに来たヤモちゃん。 我が家の守り神「家守」2022.6.2 5cmほどのベイビーヤモちゃん可愛すぎるって。 で、でもさ、間違って踏んづけちゃうといけないからさ、そろそろお家に帰ろうね。てか、あなたのお家っ ...

2022/5/31

「尺アジ釣りたくて」初心者主婦がひとりでサーフにやって来た!

達成できずにいた念願の「尺アジ釣り」。 ついに私たち夫婦に、その時が訪れました。 釣りの師匠(弟)からもらった「尺アジがよく釣れているというサーフの情報」をもとに、このチャンスを逃すまいと夫と共に朝方3時に現地へ。 サーフに到着し竿を投げると直ぐさまHIT。 夫はもとより私まで入れ食い状態に。 全長30センチ以上の「尺アジ」というものを、はじめて自分の手で釣り上げることができたのです。 それがまぁ嬉しくて、楽しくて。クセになってしまった! あの尺アジの興奮が忘れられず、先日はなんと私ひとりでサーフへ出陣し ...

2022/5/29

やった~初収穫!幻のいちご「越後姫」今年は人工授粉なし

樹上で充分に完熟するまで収穫したい気持ちをグッとこらえて我慢の毎日。 これが結構もどかしいのですが、完熟した越後姫の味を想像しながら待つのも楽しいものです。 春が来るのが遅かった今年は、我が家の「越後姫」の開花も昨年より2週間ほど後だったのですが、ここのところグッと気温も上がってきたお蔭で、一番果が日毎に赤味を帯びてきました。 今回の苗は、購入時は株が小さめでちょっぴり不安もあったのですが、購入先の「苺の花ことば」さんのおっしゃる通り、その後は立派な大株に成長してくれました。 そして今朝、ついに初収穫。 ...

2022/5/14

義母と行く山菜採り「生命力あふれる越後妻有の春山」

一年の約1/3の時間を数メートルの積雪に覆われる豪雪地では、冬眠から目覚めた生き物たちが一斉に動き出す雪解けの春、すべてが生き生きと躍動しはじめる。 「春の山は生命力に満ち溢れている。春山のエネルギーが凝縮された山菜を感謝して頂け。」そう聞かされて育った私は山菜が好きで、子供の頃から父母・叔父伯母と共に出掛ける春の山菜採りも毎年楽しみでした。 ここ最近は、なかなか出掛けることができなかった春の山菜採りでしたが、今年は数年ぶりに実現することができました。 今回は、峠に暮らす義母に案内してもらいながらの豪雪地 ...

2022/5/7

庭のグランドカバー「クリーピングタイム」満開ピンクのカーペット

30cmのマット苗ひとつ分をポツポツと植え付けた庭の「クリーピングタイム」が、この2年で順調に増えてグランドカバーらしくなってきました。 クリーピングタイム 2022.5.7 先月頃より少しずつ花をつけはじめ、ちょうどピンクのカーペットのように咲き揃っています。 よくみると、小さな花が集まって手毬のような丸い形が可愛らしく、ほのかなハーブの香りにも癒されるんです。 クリーピングタイム 2022.5.7 お手入れの必要もなく植えっ放しでよく広がってくれるのですが、いつの間にか玄関アプローチのブロックの上にま ...

2022/5/5

ファイルのアップロード無効から復帰しました

突然ファイルのアップロードができなくなってしまい、この二カ月間ブログを投稿する気力が低下していました。 同時に、スマホからパソコンへの画像の送受信が今まで通りに上手くいかなくなってしまった。 いったい何がどうなっちゃったんだろう? 長い冬が終わり、ようやく春が訪れたというのにモヤモヤしていましたが‥‥。 試行錯誤の末、どうにかファイルをアップロードできるようになりましたので、また少しずつ投稿していきますね。 ※因みに投稿記事に画像を1枚アップするために、ややこしいステップを踏んでます(;'∀') そんな訳 ...

2022/3/6

ホタルイカ掬い「新月大潮の可愛い赤ちゃんイカ 2022.3.3新潟」

春の風物詩ホタルイカがシーズンを迎え「ホタルイカ掬すくい」に初挑戦しました。 「ホタルイカ」といえば、この辺りでは富山湾が産地ですが、県境である新潟県の一部まで富山湾がくい込んでいることから、ここ新潟でも3月~5月頃にかけて「ホタルイカ掬い」ができるというので、私たちも出掛けてみました。 場所は、新潟県糸魚川市の有名スポット。 到着すると、すでに二組の先客がいらっしゃったので、お声を掛けてお隣に入れさせてもらいました。 釣りでもそうですが、先客には必ずひと声かけて、空いたスペースにお邪魔させてもらうのが大 ...

2021/6/1

萎れかけたバラの切り花、ちょっとひと工夫で素敵に

バラを長持ちさせるのって難しい。 先日お向かいのお母様から頂いたバラの切り花を、花瓶に挿して飾っていたら2~3日後には首の部分が萎れてしまった。 萎れかけたバラ 2021.5.28 どうやらバラは、まず葉を数枚落としてスッキリさせてあげて、切り口をキレイに切り直し、バケツなどに水を張って花を除いた茎の部分全体をすっぽり浸けて、最初にしっかりと水揚げすることが大事みたい。 さらに、花瓶の水は水道水を使用して挿した後はこまめに水替え。 その際、花瓶とバラの茎もキレイに洗ってあげるとグッと長持ちするんですって。 ...

キス釣り

2021/5/31

釣行 | キス釣りシーズン到来!キャスティング練習からの~プルルル

キスが釣れはじめたと聞いて人気のサーフへ夫婦で出掛けてみた。 師匠(弟)のすすめで昨年デビューしたキス釣りの面白さは、私たちの心をがっちり掴んでくれた。 一年ぶりに忘れかけた感覚を取り戻そうと、夫の指導の元まずはキャスティングの練習から。 私は、これが苦手。そして課題なのだ。 キス釣りキャスティング練習 2021.5.30 数回投げると徐々に上達してきて、飛距離も少しのびてきたところで、ようやく当たりを感じた。 竿から伝わる「プルルルル」っというキス特有の振動。 コレコレ!この感覚だ。 一年ぶりに思い出し ...

2021/5/29

五月のリンクテラス「シャスターデージー」

雑草だなんて、言わせない。 いまがちょうど見頃。 すっかり若葉に着替えた桜の木の下で咲き誇るシャスターデージー。 新緑が目にまぶしい。 いい季節だ。 シャスターデージーと桜 2021.5.29   スポンサーリンク ランキングに参加しています ご訪問のしるしにクリックいただけると嬉しいです ↓ ↓ *シンプルイズベスト* *ふるさと新潟* *若者にもブーム平屋*   ▼YouTubeチャンネルはこちら     *おすすめ関連記事

2021/5/29

注意!Amazonなりすまし詐欺メール開けてしまった

Amazonからこんなショートメールがスマホに届きました。 Amazonからのメール 2021.5.29 内容は 『Amazonプライム会費のお支払い方法に問題があります。詳細はこちら:https://~』 というもの。 しかも、同じ内容で二度も! はぁ??? 私、Amazonプライム会員なんてなってないよね‥‥。 まぁ、Amazonで買い物履歴は確かにあるけれど‥‥。 なに?買い物した際に自動的に登録されちゃったりしたとか??? え~?どういうことだろう!! これ、このままだと未納の会費が貯まっちゃうっ ...

2021/5/28

いちごの防鳥(水切り)ネットに怪現象!?やっぱりダメだ

越後姫とよつぼし苺を鳥の被害から守るために、果実に被せておいた防鳥ネットの代用品の水切りネット(シンクの三角コーナー等に使用するもの)。 鳥の被害もなくなり、効果抜群だな~と安心していた矢先、ひとつ、またひとつとネットに次々に穴が開けられる事態が発生しました! えーっ!穴が開いてるぅー!! いちごの防鳥ネット 2021.5.26 穴の様子をよく観察すると、美味しそうに真っ赤に熟している果実の部分ばかり。 さらに穴の開き方に奇妙な共通点が! それは、ネットが喰いちぎられたり、こじ開けられたりしたのではなく、 ...

2021/5/27

「よつぼし苺」ようやく初収穫

鳥に食われた一番果から、もうどれくらい経っただろうか? 越後姫と一緒に育てていた、四季成り苺「よつぼし」がようやく初収穫の日を迎えました。 しかも、今朝はとっても貴重なほんのひと粒。 朝摘み苺よつぼし 2021.5.27 それにしても、ここまで長かったこと。 まぁすべては鳥ちゃんの悪戯‥‥ね。 よつぼしの果実は、越後姫と比較すると先が尖っていて絵に描いたような苺の形。 今朝のひと粒は私が代表して頂いたのですが、口に頬張ると、実がしっかりと詰まっていて歯ごたえがあり、酸味のある甘酸っぱい爽やかな味でしたよ。 ...

2021/5/25

掃除当番とバラの花

ゴミ置き場の掃除当番、今週は我が家の番だ。 「お願いします」と、お向かいのお母様が当番の立札に添えてバラの花を差し出された。 以前にも回覧板に添えて、お庭で大切に育てられた大きな芍薬の花をくださった。 さり気ない心配りに心が温まる。 こんな素敵な女性に私もなりたい。 掃除当番とバラの花 2021.5.25   スポンサーリンク ランキングに参加しています ご訪問のしるしにクリックいただけると嬉しいです ↓ ↓ *シンプルイズベスト* *ふるさと新潟* *若者にもブーム平屋*   ▼YouTube ...

© 2022 四季を愉しむ家 | グランリンク平屋ミサワホーム